ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 各種助成金事業 > 両立支援助成金等申請時の提出書類の確認について

両立支援助成金等申請時の提出書類の確認について

提出書類

詳細については、支給要領等を厚生労働省HPでご確認ください。

 

コースにより提出書類は異なりますので、コース毎に確認ください。 

生産性要件の適用を希望する申請に必要な書類(各コース共通)をご確認ください。

1.生産性要件算定シート(共通要領様式第2号)

2.与信取引等に関する情報提供に係る承諾書(共通要領様式第3号)

(事業性評価の適用を希望する申請の場合のみ)

3.算定の根拠となる証拠書類

例:決算報告書、貸借対照表、損益計算書、総勘定元帳など

 

「労働協約」または「就業規則の写し」及び「関連する労使協定」の具体的な提出内容について (各コース共通)

 本社等及び対象者が勤務する事業所の労働協約または就業規則の該当部分の写し。また、対象者が勤務する事業所以外であって上記就業規則と異なる就業規則を規定している事業所がある場合には、その労働協約または就業規則の該当部分の写しも含みます。

 就業規則の作成及び労働基準監督署への届出義務のない常時10人未満の労働者を雇用する事業主の場合で、就業規則の作成・届出をしていない場合は、制度の措置が明文により定められており、労働者に周知されていることを確認できる書類(例:労働者代表の署名があるもの)を提出してください。

 

申請先

  • 申請事業主の本社等(人事労務管理の機能を有する部署が属する事業所)の所在地を管轄する都道府県労働局雇用環境・均等部(室)です。
    なお、支給申請書等は、原則として申請事業主等が直接提出してください。
  • やむを得ず郵送する場合は、支給申請期間内に到着するようにしてください。
    なお、郵送の場合は簡易書留で送付してください。

申請期限

  • コースによって申請期限は異なりますので、確認ください。
  • 期限を徒過しますと、受理できませんのでご注意ください。

留意点

  • 申請時に要件に沿った書類が揃わない場合は受理できませんので、ご注意ください。
  • 申請後に労働局から申請書の記載内容の確認や審査において必要な書類の提出を追加で求めることがあります。
  • 申請書の内容について、雇用環境・均等部(室)が実地調査、事情聴取等を行うことがあります。
  • この助成金を支給した後に、申請を行った事業主が支給要件に充足していないことが判明した場合には、支給した助成金の返還を求めることがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室 TEL : 099-222-8446

このページのトップに戻る

鹿児島県の最低賃金は1時間737円 平成29年1月1日改正育児・介護休業法、男女雇用均等機会均等法施行 請求をお急ぎください 石綿関連疾患のご遺族の皆様へ 「職場の魅力」アップ!雇用管理改善 無期転換の準備、大丈夫ですか? 厚生労働省によるルールマガジン 厚労省人事労務マガジン マイナンバー 社会保障・税番号制度
最低賃金引上げ支援 業務改善助成金 「くるみん」で子育てサポート 女性活躍推進法成立 平成28年4月1日施行 労働条件相談ほっとライン ハローワークの求人票と違う! お申し出はこちら 労働安全衛生法が改正されました 働き方・休み方改善ポータルサイト

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館三井生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.