【重要】無期転換ルールの特例に関する申請をする場合はお早めに

 平成25年4月1日に改正労働契約法が施行され、「無期転換ルール」が規定されました。施行から5年を迎える平成30年4月以降、多くの有期契約労働者の方へ無期転換申込権の発生が見込まれています。

 

 無期転換ルールへの対応に当たっては、中長期的な人事労務管理の観点から、さまざまな検討が必要です。まだ準備が進んでいない企業におかれましては、早期に検討・対応する必要があります。

 

 無期転換ルールの適用に当たっては、有期雇用特別措置法により、定年後引き続き雇用される有期雇用労働者等については、都道府県労働局長の認定を受けることで、無期転換申込権が発生しないとする特例が設けられています。

 

 認定を受けるためには、本社を管轄する労働局に対し申請を行う必要がありますが、労働局において審査を行うため、申請から認定を受けるまでには一定期間を要します。

 

 現在、この特例に関する申請が全国的に増加しており、管内に本社の多い東京・埼玉・千葉・神奈川・静岡・愛知・大阪・福岡労働局においては特に申請が急増していることから、認定を受けるまでには通常よりも時間がかかる場合があります。

 

 このため、全ての労働局において、平成30年3月末日までに認定を受けることを希望される場合は、平成30年1月までに申請していただくようお願いをしております(※)。

 

 ※ただし、申請件数や審査の状況によっては、平成30年1月までに申請いただいた場合であっても、平成30年3月末日までに認定を受けることができない場合がありますので、ご留意ください。また、平成30年2月以降の申請については、認定が平成30年4月以降になる場合があります。

 

 厚生労働省では、各企業が無期転換ルールへ適切に対応できるよう、さまざまな支援を行っています。また、無期転換ルールの特例に関する申請書の作成・提出に当たっては、記載例、チェックリストなどをご用意しています。

 

【お問い合わせ先】 

鹿児島労働局雇用環境・均等室 

住所 鹿児島市山下町13番21号 鹿児島合同庁舎2階 

電話 099-223-8239

 

【詳細はこちら】

有期契約労働者の無期転換ポータルサイト http://muki.mhlw.go.jp/

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室 TEL : 099-223-8239

このページのトップに戻る

鹿児島県の最低賃金は1時間737円 平成29年1月1日改正育児・介護休業法、男女雇用均等機会均等法施行 請求をお急ぎください 石綿関連疾患のご遺族の皆様へ 「職場の魅力」アップ!雇用管理改善 無期転換の準備、大丈夫ですか? 厚生労働省によるルールマガジン 厚労省人事労務マガジン マイナンバー 社会保障・税番号制度
最低賃金引上げ支援 業務改善助成金 「くるみん」で子育てサポート 女性活躍推進法成立 平成28年4月1日施行 労働条件相談ほっとライン ハローワークの求人票と違う! お申し出はこちら 労働安全衛生法が改正されました 働き方・休み方改善ポータルサイト

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館三井生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.