Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

休憩

 自由利用の原則

使用者は、労働時間が

  1. 6時間を超える場合は少なくとも45分
  2. 8時間を超える場合は少なくとも1時間

の休憩時間を労働時間の途中に与えなくてはいけません(法第34条第1項)。

 また、休憩時間は、原則として一斉に与え、かつ労働者に自由に利用させなければなりません。  もっとも、労働者代表(労働者の過半数で組織する労働組合、労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者)との書面による労使協定があるときは、この一斉付与の原則が適用除外となります(法第34条第2項、第3項)。



このページのトップに戻る

鹿児島県の最低賃金は1時間737円 平成29年1月1日改正育児・介護休業法、男女雇用均等機会均等法施行 請求をお急ぎください 石綿関連疾患のご遺族の皆様へ 「職場の魅力」アップ!雇用管理改善 有期契約労働者の無期転換ポータルサイト 無期転換の準備、大丈夫ですか? 厚生労働省によるルールマガジン 厚労省人事労務マガジン マイナンバー 社会保障・税番号制度
最低賃金引上げ支援 業務改善助成金 「くるみん」で子育てサポート 中小企業のみなさまへ 女性活躍推進に取り組んでみませんか? 労働条件相談ほっとライン ハローワークの求人票と違う! お申し出はこちら 労働安全衛生法が改正されました 働き方・休み方改善ポータルサイト

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館三井生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.